<< 気仙沼のカツオは大丈夫か | main | 線量計で得られるのは安心か >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

これまで自然放射能をどれだけ食べてきたか

「被爆は少ないほどいいから、不検出のものしか買わない」

という意見がある。その結果、西日本や海外の食品だけを買う人が増えている。

確かに放射性物質など入っていないに越したことはないのだが、ちょっと待って欲しい。ここで言っている不検出というのはヨウ素やセシウムのことを指しているわけだが、カリウム40など、自然に存在している放射性物質は考慮されていない。たとえヨウ素やセシウムが不検出でも、放射性物質が必ず入っているので、実は結構被爆するのだ。

こちらのページによると、自然放射性物質による食物からの内部被爆の日本平均は 0.41 ミリシーベルトらしい。これをベクレルに換算すると(※1)、 1 日にセシウム 86 ベクレル分に相当する。これは、日本人が生きていくうえで避けることができない被爆だが、今まで誰も気にしていなかった。まさに知らぬが仏だ

これほどの被爆を気にしていなかったのに、たかだか数ベクレル程度の放射能を気にするあまり、「東日本の野菜や魚はいっさい買わない」「子供に牛乳を飲ませない」「給食を食べさせない」というのは、自分や子供への精神的ストレスを考えれば、デメリットのほうが大きいのではないだろうか。

各県や厚生労働省から日々発表されている食品のデータを見ても、その多くは数ベクレルから数十ベクレルだ。基準値ぎりぎりの食品は別として、セシウムが数ベクレル/Kg 程度しか入っていない食品なら、86 ベクレルに比べれば少ないことになる。

たとえば、7 月 1 日の銚子港のマイワシは 30 Bq/Kg だ。30 ベクレルと聞くと結構大きな数値に見えるが、そもそもイワシを 1 日に 1 キロも食べる人はいない。200 グラム食べても 6 ベクレルだ。自然に食物から被爆する量よりも 1 桁少ない

自然の放射能は海外の食品にも西日本の食品にもある。放射性物質を闇雲に恐れるのではなく、人間が物を食べて生きていく以上、ある程度の被爆は避けられないという視点で、何ベクレルまでなら許容するかという自分なりの基準を作るべきではないだろうか。


(※1)  世界の平均被曝量 2.4 mSv のうち、食品からの内部被曝が 0.35 mSv なので、日本での平均被曝量 1.4 mSv と比率が同じだとすると、日本人の食品による内部被曝は、年間
0.35 * 1.4 / 2.4 = 0.2 mSv (ミリシーベルト)
になる。これをセシウム137に換算すると、1 日あたり
0.2 / (0.000013 * 365) = 42.15 Bq (ベクレル)
となる。

2011/8/6
Yahoo のこちらのページで、食物からの被爆の日本平均が 0.41 mSv となっていたので、再計算して修正した。
0.41 / (0.000013 * 365) = 86.4 Bq (ベクレル)


at 10:24, greenlig, 放射線

comments(2), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 10:24, スポンサードリンク, -

-, -, - -

コメント
ちがうとおもうよ, 2011/12/24 9:20 AM

自然界の放射性物質と人口の放射性物質を線量で比較しても人体への影響という意味ではいみがありません。そのへんも勉強してみてください!

greenlig, 2011/12/24 12:56 PM

ちがうとおもうよ さんへ

実効線量(シーベルト)は、まさに体への影響を数値化するためにあるものです。体への影響を数値化することに意味がないのだとしたら、放射線管理ができません。

放射性物質の放射線の種類、エネルギー、体内での挙動は、もちろん物質ごとに違います。内部被曝の実効線量はそれらを加味して計算されますから、得られた数値は、線源が天然物質なのか人工物質なのかには関係ありません。

これに対し、ベクレルという単位は放射性物質の量を表していますので、同じ1ベクレルでも物質ごとに体への影響が違います。本ブログ内で何度か書いているように、同じベクレル数のカリウム40とセシウム137では、セシウムのほうが体への影響が2倍になります。そういう意味での「強さ」の違いはありますが、たとえば2ベクレルのカリウム40と1ベクレルのセシウム137なら、体への影響は同じです。

市川定夫氏も「天然の放射能から受ける被爆のほとんどはこれ(カリウム40)」とおっしゃっており、天然の放射性物質が無害だということを主張されているわけではありません。あくまで人工と天然で体への影響が違うということを主張されています。そして、その違いを考慮しつつ体への影響を数値化したものが実効線量です。

放射線防護学がご専門の安斎育郎氏も、放射線に天然と人工の区別はなく、どちらも有害であるとはっきり述べられています。WHOは、天然の放射性ラドンが肺がんの重要な原因であることを警告しています。

世の中には、天然の放射性物質は無害または有益で、人工の放射性物質だけが有害であるという誤った考えを広めたい人がいるようです。「人工の放射性物質=悪」、つまりそれを作り出す原発が悪であると言いたいのでしょう。私は原発をなくすこと自体には反対ではありませんが、目的ために手段を選ばずという姿勢に思われて仕方がありません。

トラックバック
url:http://greenlig.jugem.jp/trackback/16