<< これまで自然放射能をどれだけ食べてきたか | main | 天然放射線だったら体にいい? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

線量計で得られるのは安心か

最近、個人でガイガーカウンターを買う人が増えているらしい。テレビでは、線量計を地面に置いて

「自治体が発表している数値よりかなり高いですね」

と言っている映像をよく見かける。だが、正しく測定しないと、安心のために測定するのではなく、不安になるために測定することになりかねないので、注意が必要だ。線量計は体温計や体重計と違って使い方が難しいため、素人では扱うのが難しい。

多くの簡易型の線量計は、ガンマ線を測定しているときは正しい値を示すが、ベータ線があると測定値が大きくずれてしまうようだ。もともとガイガーカウンターは、入ってきた放射線の個数をカウントするものだ。これに対し、よく耳にするミリシーベルト、マイクロシーベルトという単位は、放射線が体に及ぼす影響を表すものだ。放射線にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線などの種類があり、種類によって体に及ぼす影響の度合いが違う。

そこで、簡易型のガイガーカウンターの多くは、入ってきたのがガンマ線だと仮定してシーベルトに換算する。つまり、ガンマ線だけが入ってきているなら正しいが、アルファ線やベータ線が入ってくると正しく換算できないのだ。こちらのページに詳しい解説があるが、それによれば、本来の数値の2〜10倍も大きく表示される可能性があるという。

また、

「自治体はアルファ線とベータ線を測っていないから、本当はもっと被爆しているはずだ」

という人もいるが、これは間違いだ。アルファ線やベータ線は皮膚で遮られて体の深いところまでは到達しない。皮膚は放射線に強いので、外部被曝を測定するにはガンマ線だけ測定すれば十分なのだ。

空気中では、アルファ線は数センチ、ベータ線も数十センチしか飛ばないため、地面からのアルファ線やベータ線は高さ 1mまで到達しない。多くの自治体が地上 1m の位置で測定しているのはそういう理由だ。どうしても地面近くを測定する場合は、ベータ線が入らないように、厚さ 3 ミリ以上のアルミニウム板で遮蔽する必要がある。

その他の測定のポイントは、こちらのページこちらのページを参考にしてほしい。

まだ線量計を買おうか迷っている人のために、京都大学の小出裕章助教の言葉を引用する。

「皆さん最近簡易型の測定器というものを買われて、それぞれ測定されているようなのですが。簡易型測定器というのは、言葉は悪いけど、相当誤差の大きな物です。あんまり数値自身を信用しないほうがいいと思います。ですから簡易型測定器を5個とか6個とか10個買ってきていただいてですね、それをおんなじ所で測ってみたところで、値自身は何倍も違うと思う。(中略) おんなじような条件で計ったときに、どの場所がどの程度、何倍かとか何分の1とか、相対的なものを見ることだけに使って欲しいと思います。(では一回測ってこの数値が出たからというのではいけないということですね。)はい、そんな事で騒ぐと疲れるだけだと思います。」


at 14:23, greenlig, 放射線

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 14:23, スポンサードリンク, -

-, -, - -

トラックバック
url:http://greenlig.jugem.jp/trackback/22