<< 「脱原発依存」の夢を語る菅直人元首相 | main | 「0.2μSvの内部被爆は100mSvの外部被爆に相当」というデマ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル」にだまされるな

次の図を見たことがあるだろうか(図をクリックすると拡大)。

世界もおどろく

これは、「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル」という文書の一部だ。この毒々しい絵と数値を見た人は、

「えっ?日本の基準値ってこんなに高いの?」
「基準値以下でも危険なんだな」

と思ってしまうだろう。では、次の表を見て欲しい(図をクリックすると拡大。元の文書はこちら)。

CODEX

こちらを見ると、

「あれっ?日本の基準値って厳しいほうなのでは?」

となる。そう、日本の基準値はEUと同じなのだ。ヨウ素に関しては他の国より高いものがあるが、今問題になっているセシウムに関しては、外国よりも比較的厳しい。テレビでよく

「日本の基準値は厳しいほうです」

と言っている理由がこれだ。この文書の表現を借りれば、

「世界はそれほど驚いていない」

と言えそうだ(※1)。では、どうしてこういう食い違いが生じるのか。

それは、最初に挙げた図が、そのイラストからもわかるように、見た人を不安にさせるために書かれていると思われるからだ。

そもそも、基準値は国によって違うので、日本より高いところもあれば低いところもある。日本より低い数値だけを選んで資料を作れば、こういう資料はいくらでも作れてしまうのだ。日本よりも基準が緩い国の数値がいっさい出てこないのがその証拠だ。この資料だけを見た人は、日本の基準値が世界中でもっとも緩いと思ってしまうだろう。

詳しく吟味すると、日本の数値を高く見せるために、いろいろなトリックが仕込まれているのがわかる。

たとえば、ベラルーシの飲み物の基準が10ベクレルになっているが、これは水道水の話で、牛乳の基準値は100ベクレルだ。つまり、牛乳と水道水を「飲み物」としてひとくくりにし、高いほうの数値を出さずに低いほうの数値だけが書かれている

また、ベラルーシの食べ物(子供)を37ベクレルとしているが、これはベビーフードの基準だ。ベビーフードも食べ物には違いないと言われれば、まったくの嘘とも言えないが、あえてベビーフードとせずに「子供」と書くあたり、あまりにも恣意的だ。

さらに、WHOの水の基準を10ベクレルとしているが、WHOでは、「これらは、環境中に放射性核種が放出されているような、緊急時で汚染を受けている水供給に適用されるものではない。」としていて、原発事故のときに適用するものではない数値だ。(※2)

WHOの文書では、原発事故時にはIAEAの基準を使うことと書かれているので、そちらを見るとセシウム137の基準は2000ベクレル/Kgと、日本の暫定基準の10倍だ。

また、各国の平常時の基準値と緊急時の日本の暫定基準を比較している点もフェアではない。チェルノブイリ原発事故直後のベラルーシの基準は今の日本の暫定基準より高かったのだ(※3)。

最初に挙げた図は、「放射能について正しく学ぼう」というサイトのものだが、公正性に欠けており、サイトのタイトルと内容が大きくかけ離れていると言わざるを得ない。

もちろん、現在の暫定基準値以下なら絶対に安全だというわけではない。ガンのリスクにはしきい値がないという立場に立てば、わずかであってもリスクが高まるのは確かだろう。だからと言って、偏った数値だけを羅列して人を不安にさせることが正しいとは思えない。


平常時に冷静に考えれば、日本が世界より何百倍も何千倍も基準値がゆるいなどありえないとすぐわかるのだが、今人々の心は不安であふれている。不安な人はますます不安になる情報を信じてしまう傾向があるようだ。


※1
実際には、日本が基準値を低く設定してしまったことで、これまで輸出できていたものが輸出できなくなってしまったという例もある。詳しくは「川勝知事“怒りの”コメント 静岡」に書いてあるが、つまり、EUが、「本来うちは日本より基準がゆるいけど、日本がそんなに基準を厳しくするなら、日本産のものには日本の厳しい基準を適用しちゃうよ」ということだ。


※2
ちなみに、中部大学の武田邦彦教授は WHO の水の基準値を 1 ベクレル/リットルとしているが、これはスクリーニングレベルの話で、本当はガイダンスレベルと比べるのが正しい。武田氏にこのような初歩的な知識がないとは考えにくい(?)ため、理解に苦しむところである。
一般人にわかりにくい嘘を混ぜながら、自説に都合がいい数字を挙げていると言われても仕方がないのではないだろうか。上記文書でも最初は WHO の水の基準を 1 ベクレルとしており、その後修正された。上記文書と武田氏のブログで挙げている例が似ていることから、どちらかが他方を参考にしたのかもしれない。


※3
日本よりも基準値が厳しいとして引き合いに出されているベラルーシだが、チェルノブイリ原発事故直後の基準は、飲料水が370ベクレル、牛肉は3700ベクレルと、
日本よりかなり高かったらしい。ベラルーシの汚染限度の変遷は、「食品の暫定基準に対する疑念と不安が絶えない事情」に詳しい。日本はまだ「緊急時」なので現在は「暫定基準」だが、将来的には基準値が下がっていくことが期待される。

2011/9/6 若干加筆し表現を変更

at 15:18, greenlig, 放射線

comments(45), trackbacks(7), - -

スポンサーサイト

at 15:18, スポンサードリンク, -

-, -, - -

コメント
つかれた, 2011/09/05 2:19 AM

影響があるかどうかは問題じゃない。SPEEDIの情報で知っていたにもかかわらず、そのまま数千人の人々を被爆させて、それでも、何一つ反省も何も感じていない政府や役人が言う数値だから信用できないんだ!

pizza, 2011/09/05 8:44 AM

そもそも他の国と比べることに意味なんてないですしね。

 , 2011/09/05 10:30 AM

緊急時ってせいぜい2ヶ月までだろww

竹, 2011/09/05 11:36 AM

別にセシウムなど余り心配していません。しかし、今回の福島の事故は3種の核種のうち、アルファとベ−タの核種が多量に環境にでている、実際にガンマ−線の線量が低くともベ−タ−線を計ると4倍の線量がでるスポットがある。自動車のエアフィルタ−も同様。

食物・呼吸に於いてより大きな問題はガンマ−ではなく他の核種であり、その臨床が日本で取られている。事故前のアルファ核種の摂取は記憶が正しければ。3ベクレル/キロと学術的に示されていたと思います。

今、ベラル−シなどの被曝症状?の出現より、早くそれも広範囲で炎症疾患が15%増えていることに注目しています。
放射能の拡散はケ−スにより大きく変わる、本当はどの核種がどれだけ放出され、どのように分布しているのか?調べるべきだろうと思います。
それは放射能の影響だけなく重金属としての人間に与える影響も有るのですから。
危険か危険でないか?誰も真実は知らないのというのが現在の日本でしょう。

危険厨ネトウヨ, 2011/09/05 1:31 PM

ランニングコースにバイパスは選ばず、比較的交通量の少ない道を選びますよね?
それはバイパスのほうが、より危険度が高いからですよね。

オワタ, 2011/09/05 1:42 PM

1コメ>「影響があるかどうかは問題じゃない」ってww \(^o^)/オワタ

暫定措置, 2011/09/05 5:42 PM

30年続いた暫定(笑)税率があった国だからな

greenlig, 2011/09/05 6:46 PM

>ランニングコースにバイパスは選ばず、比較的交通量の少ない道を選びますよね?
>それはバイパスのほうが、より危険度が高いからですよね。

そのとおりです。さらに安全なのは、ランニングをしないことです。ですが、そうすると今度は生活習慣病などのリスクが高まります。現在、多くの人がランニングをしないことを選択しているのではないかと感じています。どこまでのリスクを許容するのかは、各人が公正な目で判断してほしいと思います。

恒久的, 2011/09/05 6:51 PM

暫定税率はそれを定めた田中角栄元建設大臣が天寿を全うしたあとも暫定として残り、恒久的定率減税は、瞬く間に廃止する国。一般人の常識で判断すると、騙される国。

九州男児, 2011/09/05 7:55 PM

そうか。緊急時になれば人間は放射線にも強くなって、全然被曝なんてならないんだ。

つくづく人間って都合よくできてるなぁ

greenlig, 2011/09/05 8:26 PM

>そうか。緊急時になれば人間は放射線にも強くなって、全然被曝なんてならないんだ。

そんなあなたに

http://greenlig.jugem.jp/?eid=13

内海, 2011/09/06 7:08 AM

日本の数値は、大人も子供も同じ数値なんでしょ?海外の子供基準とは違うんじゃない?

greenlig, 2011/09/06 8:38 AM

>日本の数値は、大人も子供も同じ数値なんでしょ?海外の子供基準とは違うんじゃない?

子供については、だいたい大人の基準値の 1/2 から 1/3 になっている国が多いようです(たとえば http://kokai-gen.org/html/data/20/2010317002/2010317002-27.pdf の 8ページ目)。そのあたりを目安にしては。

通りすがり, 2011/09/06 9:36 AM

事故前の平常時に何ベクレルだったんだよ。測定値/基準値がさ。
それを踏まえて、
今流通している食品の固体ごとに、これは今何ベクレルで、基準値は何ベクレルです、と表示すべきじゃない?

事故前に0ベクレルだった、ってんなら、数値が上がってる時点で誰も買わないだろうけどな…

greenlig, 2011/09/06 2:12 PM

>事故前の平常時に何ベクレルだったんだよ。測定値/基準値がさ。
>それを踏まえて、
>今流通している食品の固体ごとに、これは今何ベクレルで、基準値は何ベクレルです、と表示すべきじゃない?

個体ごとは無理でも、サンプル検査した結果の数値は表示して欲しいですね。

原発事故前の基準ですが、国内向けの基準はなかったようです。チェルノブイリ原発事故を受けて輸入品について決められた基準値は、すべての食品について 370 ベクレル/キログラム(セシウム134と137の合計)です。

今回の事故前の食品ですが、国産のものについては、推測ではあるものの、不検出かごく微量だったでしょう(米ソ核実験由来)。ただし、天然の放射性物質は以前から相当量が入っていて、ある程度内部被曝します(年間 0.41 ミリシーベルト)。

輸入品については、特にチェルノブイリの影響があったヨーロッパやロシアからの食品の中に 370 ベクレルぎりぎりのものがあり、国内で流通していたと推測されます。Wikipedia の「食品衛生法」の項目の「過去の日本の輸入事例」に、370 ベクレルを超えて輸入停止になった例があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E5%93%81%E8%A1%9B%E7%94%9F%E6%B3%95

3番地, 2011/09/09 7:36 PM

冷静で裏付けがしっかりした良い内容ですね。良い勉強になりました。
それにしても、エントリーの趣旨が読めない人や、全く外れている人が多いのは驚きですが、
それに対応されているgreenligさんに敬服します。

自民, 2011/09/11 4:04 AM

いずれにしろ相当危険なことに変わりは無いですね。

tm, 2011/09/11 4:24 AM

初めまして。
興味深く拝読しました。
武田邦彦教授10日のブログなのですが
主旨はともかく
アメリカの指標と日本の指標に関する記述って
合っているのでしょうか???
http://takedanet.com/2011/09/post_d2fd.html

greenlig, 2011/09/11 9:04 AM

>武田邦彦教授10日のブログなのですが
>主旨はともかく
>アメリカの指標と日本の指標に関する記述って
>合っているのでしょうか???

武田氏は元データを明示していないのですが、正確な数値は、上の記事の表や以下のページに書いてあります。

http://www.fda.gov/Food/FoodSafety/FoodContaminantsAdulteration/ChemicalContaminants/Radionuclides/ucm078341.htm
http://www.maff.go.jp/j/export/e_info/pdf/genpa-kakukoku.pdf

これを見ると、米国の基準は(水や牛乳と食品を分けていない)

・ヨウ素131: 170 Bq/kg
・セシウム134+137: 1,200 Bq/kg

となっています。日本の暫定基準値は、

・ヨウ素131: 300 (水、牛乳、乳製品)、2000 Bq/Kg (野菜、その他)
・セシウム134+137: 200 (水、牛乳、乳製品)、500 Bq/Kg (野菜、その他)

です。武田氏はなぜかヨウ素とセシウムを足して 2,500 としていますが、仮にそうであれば米国も 1,370 (1200 + 170) となり、氏が言うように「とんでもなく高い基準値」とは言えないでしょう。日本の水と牛乳の数値をあえて無視しているのもポイントです。科学者なら「日本の基準は米国と比べてヨウ素についてはゆるく、セシウムについては厳しい」とするのが正しい言い方だと思います。

数値表示すべきという主張は、消費者の立場からは同意しますが、元データを明示しない、1,200 という数字を隠す、わざわざ足し算する、高いほうの数値だけを取り上げるという、私の記事で取り上げたのと同じようなトリックが使われており、科学者の態度としては失格でしょう。

tm, 2011/09/11 11:38 AM

ご返答ありがとうございました。

「足し算が変」と思っていいのですね。
以前からこの教授の主張展開には疑問がありましたが確信になりました。

mahlergstav, 2011/09/12 4:17 PM

「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル」にだまされるな

まったくおっしゃるとおり。100%正しい。

放射能の害を言い立てる人たちは、せもて放射線取扱主任者の資格を取得してから言ってほしい。これって、毎年数千人が受験していて、受験者の殆どは20代前半。特別な専門家が取得するものでもない。取得までいかなくても、ある程度勉強すれば、恥ずかしくて口に出せないはずだ。

自然界の放射能で有名なものにカリウム40がある。存在比は0.017%程度で、半減期が12億8000万年。

体重60Kqの人間は誰でも120gのカリウムがあるので、おおよそ5000Bq程度の放射能を誰でも持っている。

120g/40g×6×10E+23×0.00017×ln(2)/(1,280,000,000×365×24×3600)=5254.5Bq

牛乳だと1リットルあたり1.5g、母乳で1リットルあたり500mg、尿は160mg、それぞれ1リットルあたり65Bq,22Bq,7Bqの放射能があって当たり前。

食品でカリウムを含んでいないものは稀だから、カリウムの含有量がわかれば、誰でも固有の放射能を求めることができる。

α放射体がどうのこうのといったもっともらしい書き込みもあるが、まずはカリウム40で食物固有の放射能を概算できるようになってからにしてほしい。

これと同程度、またはこれよりも微量な放射能を規制の基準にすることもある。

沃素131やセシウム137は、自然界に存在しない。突然、これらが微量でも検出されたら、どこかで、例えば北朝鮮あたりで秘密裏に大規模な核事故をおこしていることになる。

秘密裏だから、皆さん危険ですよと声高に叫ぶはずもない。そうすると、これから放射能がもっと増える可能性があるので、微量な段階で規制を始めないと、気がついたときは、大量被曝しかねない。

2000Bqで健康被害をひきおこすから規制するわけではない。

mahlergstav, 2011/09/12 4:41 PM

国が隠しているといった書き込みもあるが、東電や保安院も菅総理もウロがきてどんな情報があるかも整理できず、間に合わなかったというのが真相でしょう。

後付で言えば、単にマヌケだったということになる。隠せるほどの能力があれば、あんな事故を起こす筈が無い。

あお, 2011/09/29 5:16 PM

現在の首都圏やそれより西の地方に日常を見ているととても緊急時には見えないが、まだ暫定基準値を使っているという事は緊急時なんですよね。そのギャップが怖いです。

またか, 2011/10/06 12:35 PM

逆に言えば、二つ目の表もまた恣意的なわけですよ。「緊急時だから多少の犠牲が出ても、全体の利益を損なうよりもはましだ」という功利主義的な理屈は聞き飽きました。「国難だからあなたは国のための犠牲になりなさい」って、いったいそんなことを言う資格がある人がこの世の中にいるのでしょうか。

名無し, 2011/10/12 11:28 PM

いまの飲料水に対する日本の暫定基準値もっと高くなかった?
200とか300

greenlig, 2011/10/15 11:01 AM

飲料水の暫定基準値は、記事の2番目の表にあるとおり、ヨウ素が300 (乳児は100)、セシウムが 200ベクレル/キログラムです。

名無し, 2011/10/17 10:18 AM

ヨーロッパは元々自然界の放射線量が高いので、日本より基準が高いと記憶しております。
同じ人間とはいえ、耐性は国や地域によっても違いますから、「基準値をヨーロッパに合わせても安全」ということにはならないのでは

また、チェルノブイリ直後にベラルーシが緩かったからその暫定値以内の日本は大丈夫!…ではありません
暫定値なんて便宜的なもので、その後ずっと使っていていい数値ではないです。「元の基準値に下がると期待される」のは一体何年後ですか?
暫定が暫定になっていなくて、実質の基準値になっているから問題視されるのです

最後に、武田氏に関しては、
政府が緊急事態宣言をせず法律に基準値が定められたまま暫定値を広報しているから、
法律を守れと言っているのではないでしょうか
緊急時の数値をどうこうせよなどという驕ったものではないです

この記事のほうが恣意的に見えますが、
専門家か研究者の方ですか?
タイトルから仙台の方のようですが、このような記事は同郷のものとして恥ずかしく思います。

greenlig, 2011/10/17 4:11 PM

名無し様

まず、この記事が主張していることは、「日本の基準値が高いか低いか」ということではなく、「偏った情報のみを与えて人を不安に陥れることは許されない」ということです。もちろん、「日本の基準は緩すぎる」と主張している資料を批判するわけですから、「それほど緩くない」という内容が多くなってはいますが、他国と比較して安全だとか危険だとかいうことを主眼にしているわけではありません。

>ヨーロッパは元々自然界の放射線量が高いので、日本より基準が高いと記憶しております。

EC (現EU)の基準(セシウムが乳幼児食品は370Bq/kg、一般食品は600Bq/kg)は、チェルノブイリ原発事故を受けて決めた基準値であり、もともと欧州の自然放射線が高いという理由ではないと理解しています。

参考: http://hibaku.blogspot.com/2011/09/blog-post_24.html

ちなみに、このときに日本もこれに合わせて輸入品について 370 Bq/Kgという基準を決めたようです。ほとんどの人は「日本が原発事故後に基準値を上げた」ことは知っていますが、その前はいくらだったのか知らない人も多いようなので、念のため。


>「基準値をヨーロッパに合わせても安全」ということにはならないのでは

EUの基準は、現在も上記基準のままのようですので、今回は日本がEUに合わせたのではなく、EUが日本からの輸入品に関してのみ「日本に合わせて基準を厳しくした」というのが正しいようですが、いずれにしても「EUと同じだから安全」ということではありません。

>「元の基準値に下がると期待される」のは一体何年後ですか?

ベラルーシも最初に基準を見直したのは7年後のようですから、見直しに年単位での期間がかかるのは間違いないと思います。できるだけ早い見直しを期待します。


>この記事のほうが恣意的に見えますが、

「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル」が公平であるというなら、なぜ日本よりも緩いアメリカやヨーロッパの基準値が一切出てこないのでしょうか。単なる調査不足でしょうか、意図的なものでしょうか。前者であれば怠慢で済みますが、私は後者であると受け取り、恣意的と表現しました。何かを比較するとき、科学的に誠実な態度として不可欠なのは、「可能なかぎりすべてのデータを列挙する」ことです。それをせずに、一方の極端な数値のみを出すというのは、フェアではありません。私が引用した2番目の表は、政府の資料ではありますが、日本より基準値が低い国も記載されているという点で、少なくとも「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル」よりフェアであると思います。


武田教授に関しては、善意から情報発信しているのだと信じていますが、少なくとも教授という肩書きで情報を発信する以上、内容の正確性や公平性については万全を期す社会的責任があると思います。

>政府が緊急事態宣言をせず法律に基準値が定められたまま暫定値を広報しているから、
>法律を守れと言っているのではないでしょうか

法律を変えて放射能がなくなるのなら意味がありますが、そうではありません。暫定基準値が運用されている以上、事実上法律が変わったと言って良いでしょう。

また、「除染してから野菜を作れるよう農家を手厚く保障しろ」と国や行政に迫り、自身も私財を投じて実現に向け努力するのならすばらしいことですが、「東日本の野菜や魚をはじめ、ノートやCDなどの工業製品すらも買うな、福島の人は外部に移動するのも違法」とテレビ等を通じて一般消費者に向かって言うのは、社会的な影響力も考えれば、正しい方向ではないと思います。あなたが西日本の方だというならやむを得ないかもしれませんが、仙台の方なら、地震、津波、放射能、失業など何重もの被害に苦しむ方々がこれを聞いた時の気持ちが理解できると思うのですが...


>専門家か研究者の方ですか?
>タイトルから仙台の方のようですが、このような記事は同郷のものとして恥ずかしく思います。

プロフィールにも書いてありますが、私は「ごく普通の人」です。ですが、間違っていると思うことを放置することはできません。あなたがご自身のサイトで「恥ずかしくない」記事をお書きになっているのなら、ぜひURLをお書きください。

tm, 2011/10/20 11:24 PM

たびたび失礼いたします
今さら基本的な質問で申し訳ありませんが
放射性核種に関する諸外国の指標値表ですが、
この指標は各国「平常」での値ですか?

それとも「緊急時」の暫定値?

greenlig, 2011/10/21 5:40 AM

tm様

日本の暫定基準値が「緊急時」の数値であるという意味は、食料が足りなくなったり経済に影響が出ないよう「やむを得ずここまでは我慢しよう」ということですが、諸外国が「日本のために我々もこの程度まで我慢しよう」と考えるはずはなく、また、その国で原発事故が起きているわけでもありませんので、その国にとっての「平常時」と言っていいかと思います。

一方、ヨーロッパ諸国については、チェルノブイリ原発事故を受けて暫定基準値を決め、ベラルーシなど国によってはその後徐々に基準を厳しくしているようです。EUは一度決めた基準値をずっと使用しているようです。チェルノブイリ原発事故の25年後の数値という意味では、まだ「事故収束期」の基準と言えるかもしれません。ベラルーシの基準の変遷については、記事中でもリンクしていますが、もう一度挙げておきます。

http://konstantin.cocolog-nifty.com/blog/images/2011/04/25/table_a2.jpg

tm, 2011/10/21 10:52 PM

早速のレスありがとうございます!

cesium, 2011/10/30 8:44 PM

まあこんなものに騙されていたら、正確な情報はわからなくなるでしょう。

おまえ食べてないだろ?, 2011/11/11 12:34 AM

放射能汚染食品、安全だ言ってるやつは誰も食べてないんだよな。
御用学者は食べてない。
横浜市は汚染牛を給食で子供に食わせたけど、自分たちはオーストラリア牛だ。
山下俊一の福島医大も、オーストラリア牛だ。
朝生で、自民党片岡さつきが、食べて応援で、十分売った。だけど食べてない。
そもそも、世界と比べて低いから安全なのか?

ちゃんとした記事をお願いしたい, 2011/11/12 6:30 AM

こう言った事実を見てちゃんと言っているのか?
EUと言うのがまず曖昧。
ドイツみたいな大国は独自の数値で管理している。
汚染のひどい地域をみての数値であってまったく
あてにならない数値で健康上問題ある数値だろう。
ソ連みたいな大国で、それなりの対応をとっても
取りきれなかった。
http://www.youtube.com/watch?v=kFP-xx68q6Q

先を見越して、健康な方なら今すぐに西日本に避難、移住を!
事実を直視して、即刻避難をして下さい。

思考と感情より大切なもの, 2011/11/14 9:19 AM

私は、このサイトの内容と正確さ以前に、フェアと安心を心がけるスタイルとその誠意に感謝します、敬意を払います。

この程度の話でとか、本来このレベルの話は報道でもなされるべきだからなどと謙遜せず、この感謝と敬意を受け取ってください。それがきっと公平さと安心を広める着実な一歩になると私は思いますから。

>>ちゃんとした記事をお願いしたい, 2011/11/12 6:30 AM, 2011/11/16 4:46 AM

>EUというのがまず曖昧。

EUは共同体なので、SCoFCAHやSANCOなどの欧州委員会が働いています。なので、“アジア”や“アメリカ・アフリカ大陸”のようなニュアンスでは使っていませんよ。
それにドイツを例に出されましたが、記事中でも『そもそも、基準値は国によって違うので、日本より高いところもあれば低いところもある。』と述べられています。

何が肝心かと言うと、それぞれの国ごとに安全基準値上限の違いはあれど、ICRPやIAEAやWHOなどの様々な機関・組織の提言などを基に作られていて、それは日本の基準値もドイツの基準値もどちらも同じだと言うことです。まったく同じ基準ではないにしろ、どちらかが上か下ではなく、“どちらの基準も科学的見地に基づいていて正しい”と言うことです。

あと、ソ連のチェルノブイリ原発事故の対応を評価されているようですが、ソ連政府の対応を見るかぎり、初動で事故の存在自体を隠蔽し、放射線の安全基準値やガイダンスをまったく適用せず、無駄に子供たちを甲状腺被ばくに追いやったり、事故収束に当たった作業員を被曝させたのを見れば、個人的な見解の相違ではありますが、私はまったく評価できませんね。むしろ最悪な対応だったからこそ、リンク先の動画にあるような悲劇を招いたのだと思います。

ちなみに管理人さんではないので、レス頂く場合は『>>きんぎょ』とでも付けてください。

greenlig, 2011/11/19 9:52 AM

「ちゃんとした記事をお願いしたい」さんへ

リンク先の動画を拝見しました。医療環境があまり良くないようで、改善されることを願うばかりです。脳腫瘍の子供を持つ母親も大変だとは思いますが、「子供の病気はチェルノブイリ事故のせい」との発言については、「人は何か悪いことが起きたとき誰かのせいにしたくなる」という傾向もあることから、これだけで判断するのは危険かと思います。

また、避難を呼びかけるのであれば、移住者のための仕事と住居をご準備いただき、被災地の自治体やボランティアセンターに移住者受け入れの旨を連絡してあげてください。

greenlig, 2011/11/19 9:54 AM

「思考と感情より大切なもの」さんへ

励ましのお言葉ありがとうございます。このブログのコメントは、スパム防止のため承認制にはしていますが、中傷のコメントも含め、すべてを承認することを原則にしています。これは、批判的な内容を含めて、読んだ方に考えていただきたいと思っているからです。しかし、心ないコメントを見るたびに、自分の無力さを痛感させられます。今回このようなコメントをいただき、大変勇気が出ました。

greenlig, 2011/11/19 9:56 AM

「きんぎょ」さんへ

明解に解説していただき、ありがとうございます。また何かありましたらご教授ください。

君子危うきに近寄らず, 2011/12/22 1:39 PM

基準値がどうであろうと
放射能に汚染された食品は食べたくない。
触らぬ神にたたりなし。
放射性カリウムで人自身が
5000ベクレルというけど
500ベクレル食べれば
放射線によるガンのリスクが
10%高まる気がする。

greenlig, 2011/12/23 1:37 PM

君子危うきに近寄らず さんへ

一般に1シーベルト被曝するとガンで死ぬ確率が5%上昇すると言われています。セシウム137を500ベクレル食べると0.0065ミリシーベルトですので、ガンのリスクは0.0000325%高まります。

日本人は3人に1人がガンで死ぬとされていますので、もともとガンで死ぬ確率は約33%ですが、これが33.0000325%になる計算です。私は十分に無視できる範囲と考えていますが、ごくわずかでもリスクが高まるのはいやだという人は食べないほうがいいでしょう。

リスクが10%高まるのは確かにいやですが、そのためには、その30万倍、つまりセシウム約1億5000万ベクレル食べることになります。

-, 2012/03/04 4:12 PM

管理者の承認待ちコメントです。

-, 2012/03/07 2:20 PM

管理者の承認待ちコメントです。

-, 2015/07/01 10:37 AM

管理者の承認待ちコメントです。

-, 2015/07/01 10:43 AM

管理者の承認待ちコメントです。

トラックバック
url:http://greenlig.jugem.jp/trackback/26
気ままな雑記帳, 2011/09/04 11:13 PM

ものすごく疲れていて頭が重たかったのに 赤ん坊と一緒にワーワーやっていたら急に回復しました。 会うたびにちょっとずつ進化するから楽しいのかも。

障害報告@webry, 2011/09/05 6:58 AM

光風台駅前エスカレーター代替案検討会議 http://www.town.toyono.osaka.jp/www/contents/1311061965186/index.html なんだこの泥沼w そりゃ住民が維持費くらいは負担すべきなのかもしれないが ユニットの交換なんかになると公的資金がいるよな 全国で急勾配でこ

芳立五蘊, 2011/09/05 8:21 PM

私はかつて、原発を積極的に推進はしないが、日本の原発依存度は特に高いほうでもないので、十分な安全管理の上でなら現状程度は容認する、...

ポストさんてんいちいち日記, 2011/09/13 9:44 AM

 高校時代の物理?を思い出しながら、再勉強!  後半は生物?を思い出しながら、一般論として。  素人がまとめたものですので、誤りや不適切表現などありましたら、ご指摘ください。なお、不定期に加...

, 2012/01/23 6:32 AM

「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル」にだまされるな | 放射線が目にしみる

異文化からの声のブログ, 2012/02/07 11:27 PM

日本の数値を高く見せるための、いろいろなトリック(トリックするほうもいろりろ大変だ。。。( 笑)) 「世界もおどろく日本の基準値2000ベクレル」にだまされるな「放射線が目にしみる」さん、有難う。

Revival Japan 日本復活を叫ぶブログ, 2015/05/30 5:00 PM

【原発】福島第一原子力発電所、港湾内の放射性物質濃度 過去最高に スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1432934941/ 1: 暁の補給艦◆EX8DfCLL3U 2015/05/30(土)06:29:01 ID:EBa 東京電力 ...