<< 世界は変わってしまった | main | ベラルーシと日本の放射能に対する感覚の差 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

宮城県の村井知事「500ベクレル以下ならどれだけ食べても全く問題がない」

 
宮城県の村井知事は、牛肉の出荷再開についての記者会見で、検査証明書に検出値を表記するのかとの記者からの質問に対し、次のように回答した。

「安全であるということだけでよろしいかと思っております。健康上全く問題のない数値であるわけですので、詳細な数値を出したところで消費者の皆さんは理解ができないわけでありますから、安全か安全でないかということだけはっきりと証明すれば十分だというふうに思っております。(中略)(1キログラムあたり)500ベクレル以下であるということであります。その証明書がついていれば(1キログラムあたり)500ベクレル以下で、どれだけ食べても全く問題がないということであります。」

この発言が、ネット上で痛烈に批判されている。「理解できない」とは消費者を馬鹿にしているとか、500ベクレル以下ならどれだけ食べてもOKとはアホかと言われているのだ。

この発言を言葉どおりに受け取ればたしかにそうなるだろうし、県外、特に東北や関東などの放射能汚染された地域以外の消費者から見れば、上のような反応になるのはわかる。しかし、県外だけでなく県内にも批判する人がいることには違和感を感じる。


もちろん、500 ベクレル以下であっても放射性物質など含まれていないほうがいいに決まっているし、同じ基準値以下でも、499 ベクレルと 10 ベクレルでは、気分的にもリスク上も大きな差がある。消費者の観点からは、数値を表示してくれたほうがいいことは確かだ。

ただし、宮城県のトップである知事の発言として見た場合、これ以外の回答はありえないだろう。

そもそも、暫定基準値は国が決めたもので、基準値ぎりぎりの食品を 1 年間食べ続けても (建前上は) 健康に影響がないとして決定したものだ。つまり、普通の量ならどれだけ食べても大丈夫と国がお墨付きを与えているわけで、知事は単にそれを繰り返しただけだ。僕自身がこれまで県や市などに確認している中でも、国の認識を一地方自治体が覆すことは困難なようだ。

詳細な数値を出さないことについても、消費者の立場としては当然表示してほしいわけだが、実際に

「セシウム300ベクレル入り」

と書かれた牛肉がスーパーの食肉コーナーに並んでいたら買うかと聞かれれば、素直にイエスとは言えない。数値を表記するということは、わざわざ

「うちの牛肉には、基準値よりは少ないけれども、ある程度の量のセシウムが入ってますよ」

と宣伝するのと同じだ。一般企業であれば、わざわざ自社の商品が危険だと触れ回る社長がいたら、即刻クビである。そういう観点から見れば、トップとしてこのように発言するのはむしろ当然と言える。

数値を表示したとしても、そのせいで売れなかった分を国が補償してくれるわけではない。

「県が勝手に数値表示したのだから、県で補償しろ」

と言われるのがオチだ。補償もされないのに、あえて自滅することはできるはずがない。

また、いったん牛肉に数値表示を義務付けてしまったら、次は「米や魚も数値表示しろ」という話になる。そうなれば、すでに津波で壊滅的な被害を受けた宮城県の農業や水産業は、立ち上がる力を失うだろう。

そういうことがわかっているから、知事はこのようにわざと「すっとぼけた」発言をしているのだろう。つまり、生産者を代表する立場からは、

「基準値以下なので安全です。どんどん食べてください」

としか言えないのである。もし、

「宮城の牛肉も、米も、魚も、野菜も、すべて多少の放射性物質が入っていて危険なので、全国の消費者の安全を考えて、数年間いっさい出荷しません」


という知事がいたら、ノーベル平和賞はもらえるかもしれないが、知事としては失格である。宮城の利益を一番に考える言動は、
他県の人から見れば批判の対象となるのもわかるが、それを身内である宮城県民が批判するのはおかしいのだ。

普段からネットで「ワケルくん」などとバカにされている村井知事だが、この発言を見ただけで、県民の生活を第一に考えていること、その垢抜けない外見とは違い以外としたたかな人物であることがわかる。

2011/9/8 全体を加筆修正

at 11:03, greenlig, 放射線

comments(1), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 11:03, スポンサードリンク, -

-, -, - -

コメント
, 2011/11/04 1:47 PM

はじめまして、福島市出身です、仙台には親戚もいるし(台原と岡田です。津波から辛くも助かりました)私もすんだことあり、父は七ヶ宿出身でことしも宮城の新米が届きました♪あぶらっこくて、おいしいです。

御山の柚子さんから、ベクレル、シーベルト換算法、こちらのブログを教えていただき、私の文章に追加しようと思っています。
今後もいろいろ勉強させてください。

村井知事のことは私も応援したい気持ちがいっぱいで、でもこの件に関していろいろ言われていたのでハラハラしていました。
村井知事はメガソーラーといううさんくさい動きにも乗ってこない稀有な知事さんとお見受けします。今後も東北の雄として、頑張ってほしいです。

トラックバック
url:http://greenlig.jugem.jp/trackback/39