<< ベラルーシと日本の放射能に対する感覚の差 | main | ヨウ素はどこから来た >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

ベクレル→シーベルト計算機を作ってみました

記事の左側の部分に、ベクレルをシーベルトに変換するスクリプトを作ってみました。次のようなケースについて被曝量を計算することを想定しています。

セシウムがXXベクレル/キログラム入った米を1年間食べ続けたらいくら被曝するのか

・セシウムがYYベクレル/キログラム入った牛乳を200日間(学校給食の標準的な日数)飲み続けた子供はいくら被曝するのか


使用方法

 ・食品に含まれるキログラムあたりのベクレル数
 ・放射性物質の種類
 ・対象とする人(成人・幼児など)
 ・1日に摂取する量(グラム単位)
 ・摂取期間

を入力または選択して、「計算開始」ボタンを押してください。結果はミリシーベルト単位で表示されます。

たとえば、セシウム137が10ベクレル/キログラムの牛乳が小学校の給食で出る場合は、

 ・10ベクレル/キログラム
 ・セシウム137
 ・少年
 ・200グラム
 ・200日

を選択します。


計算式は次のとおりです。

  ベクレル数×実効線量係数×摂取量×摂取期間

 実効線量係数は、『緊急時における食品の放射能測定マニュアル』のものを使っていますが、セシウム137 の成人については、表中の数値が間違っているようなので、"1.3X10-5" に修正しています。

なお、この計算機は、「摂取期間」の間その食品を食べ続けた場合を想定しています。1回だけ摂取した場合の被曝量を計算するには、「1日」を選んでください。

また、計算結果は、「預託実効線量」(成人は50年間、子供は70年間にわたる被曝量の合計)です。年間の被曝量は、ここでの計算結果の数値よりも小さくなりますので、より「安全サイド」の数値と思ってください。

at 11:13, greenlig, 放射線

comments(3), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 11:13, スポンサードリンク, -

-, -, - -

コメント
TAKA, 2011/12/08 11:04 AM

日々、頑張っておられ、出典も明示され、きちんとした情報を御伝えされていること、敬服いたします。さて、この換算プログラムなのですが、換算ができて、これで、健康管理をすること、とてもいいことだと思います。でも、換算された数値は、子供だと70年、大人だと50年分の預託実効線量なのと、毎日、摂取している訳ではないこと、体内に入ったセシウムは排泄されていること、傷ついた遺伝子は、修復されていることを考えて、摂取期間をかけられるのは、あまりおすすめでないと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

greenlig, 2011/12/09 8:56 AM

TAKA 様

コメントありがとうございます。

この計算機は、放射能という見えない物を、とにかく目に見えるようにしたいという思いで作りました。

毎日のように国や自治体から測定値が発表されていますが、「○○ベクレル」、「基準値の△△分の1」と言われても、具体的にどれだけ危険なのかわからないため、結局は「少しでも検出されたものはヤバい」と思ってしまう人がほとんどだと思います。ですが、実際の被曝量であるシーベルトに変換してみると、一般人の年間被曝限度である1ミリシーベルトと比較して、大した被曝量でないことがほとんどです。

典型的なケースとして、「セシウムが10ベクレル/キログラム入った牛乳を給食で子供に飲ませても大丈夫か」、「20ベクレル(定量下限値)の米を食べ続けても大丈夫か」という不安があるかと思います。このようなケースでは、200日間(学校給食の標準日数)や1年間摂取し続けた場合の被曝量が計算できると便利です。


ご指摘いただいた、毎日摂取するわけではないこと、計算結果が預託実効線量であるため年間の被曝量はそれよりも小さくなるという点については、ご意見を参考に注釈を追記しました。計算方法自体は、上記のような継続摂取のケースを想定し、また「より安全サイド」の数値として、預託実効線量に摂取期間を掛けたままにしていますが、ご理解いただければと思います。

TAKA, 2011/12/09 11:54 AM

御対応ありがとうございます。

トラックバック
url:http://greenlig.jugem.jp/trackback/42