<< セシウムの致死量は? | main | 今年もありがとう >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

基準値見直しだそうだが


28日、「セシウムの基準値を引き下げ検討」が発表された。これまでは、基準値いっぱいまでセシウムを摂取しても年間の被曝量が5ミリシーベルトを超えないように設定されていた。これが、年間1ミリシーベルトを超えないように厳しくするということなので、大雑把に言えば、暫定基準値の5分の1になるということだ。また、乳児用食品など、もう少しきめ細かく基準を設けることも検討するようだ。

ベラルーシなどは数年かけて徐々に基準値を引き下げてきたわけだが、これが実現すれば、たった1年での大幅な引き下げになり、歓迎すべきことだ。現在の汚染度を見ても、ほとんどは新基準をクリアできるだろうから、大きな混乱はないように思われる。そもそも今回の引き下げ理由のひとつが、「食品の放射性物質の検査数値が低下傾向である」というものなので、大丈夫と見込んでのものであろう。


ただし、ひとつ大きな問題がある。それは、食品安全委員会が、27日になって、内部被曝だけで100ミリシーベルトで健康に影響が出る」と修正したことだ。これまでは「外部被ばくと内部被ばくを合わせて生涯100ミリシーベルトで健康に影響が出る」としてきたのを覆した形だ。

しかし、被曝の危険性は、内部被曝と外部被曝を合わせて考えるべきであり、

「外部被曝については知らないが、内部被曝だけなら生涯100ミリシーベルトまでOK」

という理屈はあきらかにおかしい。放射性物質で汚染されていない地域に人にとってはこの基準でもいいだろうが、汚染地域に住む人はそういうわけにはいかない。

食品安全委員会は、外部被曝について「しかるべき機関において適切な措置を講ずべきものと考えている」としているが、つまり「うちでは知りません」ということだ。これはどう見ても縦割り行政そのもので、小宮山厚生労働大臣ならびに今回の件を内諾したであろう野田総理大臣の意識の低さを如実に表している。


今回の基準値見直しの理由のひとつに、「食品の国際規格を決めるコーデックス委員会が年間1ミリシーベルトを超えないよう食品の基準を設定している」というものがあるが、つまりは、国際基準に合わせるために内部被曝だけで100ミリまでOKにしたということではないのか。海外の国の多くは原発事故による外部被曝がないから、内部被曝だけを考えれば良いが、日本はそうはいかないのだ。

現在、政府は福島を中心とする地域を除染して年間1ミリシーベルト(外部被曝)を目指すとしているが、たとえそれが実現しても、内部と外部を合わせて2ミリシーベルトになる。これでは、また「足し算ができない」と批判されるのは確実である。


at 07:04, greenlig, 放射線

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 07:04, スポンサードリンク, -

-, -, - -

トラックバック
url:http://greenlig.jugem.jp/trackback/49